読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画情報のすすめ

最新の映画情報を発信していきます

最新映画、デスノート!!その評価!!批判殺到!?内容がひどすぎると話題に!!

こんばんわ!

管理人のミチルです!!

今回の記事は最新映画『デスノートLight up the NEW world』の評価について書いていこうと思います。

 

最新のデスノートが公開されたのは、10月29日で公開されてからまだ日が浅いですが、すでに大きな話題となっているようです。作品に対する評価は賛否両論で「大絶賛派」と「大不評派」にはっきりと分かれた評価となっており物議をかもしています。

 

今回は特に「不評派」についてみていこうと思います。

 

では何故そこまで不評となるのか?

 

まずはネットの批判内容をみていきましょう。

 

  • 登場人物が全員バカ

「登場人物が全員バカ」

 

「馬鹿が頭脳戦をしようと頑張っている映画」

 

「馬鹿なキラもどきと馬鹿なLもどきがノートを奪い合っただけのしょうもない映画」

 

「登場人物のひとつひとつの行動が馬鹿げている」

 

「馬鹿vs馬鹿」

 

など、さまざまな意見があります。

 

前作のデスノートはL(松山ケンイチ)と夜神月藤原竜也)が壮絶な頭脳戦でデスノートを巡って戦いを繰り広げていたわけですが、今回は頭脳戦が仇となったのか、どうやらあまりにも低レベルな行動をとることが多いみたいですね。

 

  • 原作のクオリティを求めすぎた

原作「デスノート」は日本だけにとどまらず世界中で読者を夢中にした名作ですが、どうやら今回の映画デスノートは原作と比べるとあまりにもひどいという意見が多数あるようです。原作の「デスノート」は非常に緻密な計算で読者もどちらが勝つのか?ワクワクさせながら物語を展開していました。その原作ファンにとったら今回の映画は、その緻密さが少なく物足りない感じがしてガッカリしたのかもしれませんね。

 

  • 設定に無理がある

今回の映画は前作で死んだ夜神月が登場するわけですが、この設定に少し無理があるようです。また前作のデスノートと違って「これじゃない」感がすごくあるみたいです。今までのリュークと違って今回のリュークはおとなしいみたいですよ!!やはり前作までとは何かが違うようですね(笑)

 

  • しかしこんな意見も!!

前作が公開されてから10年の月日がたち今回の映画が公開されたわけですが、この10年間の技術の向上といえるのでしょうか、演出がハリウッド並ですごく映像的に美しいという意見もちらほらででいます。また「登場人物全員が馬鹿であるところがいい」という意見もあるようです。前作まではかなりの頭脳戦が繰り広げられていたわけですが今回の作品は"頭脳戦もどき"みたいで内容がつかみやすい!という意見もございました。

 

といった風に今回の映画デスノートLight up the NEW world』についてネットでは様々な意見が飛び交っていますが、やはり映画が気になったら周りの評価よりもご自身で一度ご覧になるのがいいことだと思います。皆さんも一度今回の映画をみてみてはいかがでしょうか?

 

では、今回の記事はこれで終わります。

 

ありがとうございました。