読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画情報のすすめ

最新の映画情報を発信していきます

本日公開映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』イェソン、佐々木希、舞台挨拶で語ったことは!?

こんばんわ!!

管理人のミチルです!

今回は本日公開映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』の舞台あいさつが本日各地で行われたので、その内容の一部について書いていこうと思います!!

 

まずは、本日行われました舞台挨拶の様子からみていきましょう。

 

日舞台挨拶に現れたのは、ヨンウンを演じるSUPER JUNIORのイェソンさんと山崎さくらを演じる佐々木希さん、そして朝原雄三監督が登壇されました。舞台挨拶が始まると初めに、イェソンさんは東京国際映画祭にきていただいた皆さんに感謝の言葉を述べています。「東京国際映画祭に参加することができて夜も眠れないくらい幸せな1日を過ごしています」とのこと。続いて佐々木希さんが映画成功のために韓国語を一生懸命勉強したことを語りました。舞台挨拶中に佐々木希さんが着ていたドレスについて話題がふられた際に、佐々木希さんは「今年の流行はベルベットということで、ベルベットをつかったスカートのドレスで今日は大胆に着させていただきました」とコメント。佐々木希さんのドレスについてコメントを求められたイェソンさんは「すごいです。シースルーでありながらベルベットということで今日の衣装は天気のいい日にひったりあってると思います。僕の方ですがドキドキしている気持ちを込めて心臓のあたりにバッチを沢山つけています」とコメントし会場の笑いを誘いました。

 

そんな佐々木希さんとイェソンさんが出演の映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』は、佐々木希さんが演じる、来年から小学生になる息子がいるシングルマザーの山崎さくらとイェソンさんが演じる、仕事なし彼女なしのヨンウンが外国語学院で生徒と先生として出会い次第に恋に落ちていくが様々なハプニングが彼らを翻弄する物語となっています。

 

本日11月3日公開なので皆さん是非映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

『いになり先生になったボクが彼女に恋をした』は以前私が

2016年11月上旬公開!!秋映画おすすめ最新情報!! 」でオススメさせていただいた映画です!!よろしければこちらも一緒にご覧ください。

 

では、今回の記事はこれで終了です。

ありがとうございました。